お知らせ:


 ◇ YouTube Apple Japan チャンネル で有用なヒントや使い方を配信中です。
 ◇ iOS 向け Apple サポート App のバージョン 2.4.1 が公開されました。

しばらく返答が寄せられていないようです。 再度ディスカッションを開始するには、新たに質問してください。

質問:

質問: 写真.appからjpgへ書き出しについて

macOS High Sierramの写真.app バージョン3.0 (3231.11.210)からjpgへ書き出すときに、ファイルサイズが”小”だけになったようです。


大きいサイズが必要な時はロスレスなTIFFで書き出しできますが、それをAutomatorの”イメージのタイプを変更”アクションで変更するとまたサイズが小になってます。


Applescriptのフォルダアクションでもサイズが小さいくなります。


プレビューはjpg書き出しサイズ変更ができますが一々サイズの再設定を要求され多くのjpgを変更するには非力でした。


アプリに重ねるだけで簡単にTIFFを大きなjpgに変換できるモノは無いのでしょうか?


(写真.appにもバグらしきもの見つけたし、ちょっとmacOS High Sierraにするのが早すぎたかな)

MacBook Pro with Retina display, macOS High Sierra (10.13.1)

投稿日

返信
スレッドに付いたマーク この回答で解決
回答:
回答:

こちらの環境( MacBook Pro 15 Retina Mid 2012 / macOS High Sierra 10.13.1 )の 写真.app から JPEG で書き出してみましたが、サイズ項目は従来通り「小」「中」「大」「フルサイズ」「カスタムサイズ」皆選択可能でしたが ... 。

投稿日

スレッドに付いたマーク 参考になった

2017/11/13 16:49 お子様ランチ. への返信 お子様ランチ. への返信

こんな感じの Automator アプリケーションでどうでしょうか?


ユーザがアップロードしたファイル


使い方

・TIFF ファイルをアプリケーションにドロップする (アプリケーションをダブルクリックした場合は何もしません)


JPEG の品質は formatOptions で設定できます。とりあえず best にしましたが、適当に書き換えてください。

・low、normal、high、best、<percent>


なお、安全性を考慮して次のようにしてあります

・同名の jpg ファイルが既存の場合はスキップ

・オリジナルの tiff はそのまま (削除しない)


動作確認は

・Mac OS X 10.6.8

・Automator 2.1.1 (247.1)


# 動かない場合はごめんなさい、ということでご勘弁を。


ーーーーー


シェルスクリプトを実行


シェル: /bin/bash

入力の引き渡し方法: 引数として

[[ $# -gt 0 ]] || exit 0 for f in "$@" do new_f="${f%.tiff}.jpg" [[ -f "$new_f" ]] && continue # # formatOptions: # low|normal|high|best|<percent> # sips -s format jpeg -s formatOptions best --out "${new_f}" "${f}" 2>/dev/null done


※追記: 画像とコードを修正しました。

スレッドに付いたマーク 参考になった

2017/11/13 16:48 Hiro.S への返信 Hiro.S への返信

検証ありがとうございます。


作成して見て、動いているようですがjpgで吐き出してもらえなかったです(作り方悪かったかも)


とりあえず、再インストールで大中小のメニューが出て来たので、このままひっそりとやって行きます。


お手数をおかけしましてすみません。

ディスカッションを部分的に表示しています

返信をすべて表示

ページコンテンツが読み込まれました

スレッドに付いたマーク この回答で解決

2017/11/13 12:46 お子様ランチ. への返信 お子様ランチ. への返信

こちらの環境( MacBook Pro 15 Retina Mid 2012 / macOS High Sierra 10.13.1 )の 写真.app から JPEG で書き出してみましたが、サイズ項目は従来通り「小」「中」「大」「フルサイズ」「カスタムサイズ」皆選択可能でしたが ... 。

2017/11/13 12:46

返信 参考になった
スレッドに付いたマーク 参考になった

2017/11/13 16:49 お子様ランチ. への返信 お子様ランチ. への返信

こんな感じの Automator アプリケーションでどうでしょうか?


ユーザがアップロードしたファイル


使い方

・TIFF ファイルをアプリケーションにドロップする (アプリケーションをダブルクリックした場合は何もしません)


JPEG の品質は formatOptions で設定できます。とりあえず best にしましたが、適当に書き換えてください。

・low、normal、high、best、<percent>


なお、安全性を考慮して次のようにしてあります

・同名の jpg ファイルが既存の場合はスキップ

・オリジナルの tiff はそのまま (削除しない)


動作確認は

・Mac OS X 10.6.8

・Automator 2.1.1 (247.1)


# 動かない場合はごめんなさい、ということでご勘弁を。


ーーーーー


シェルスクリプトを実行


シェル: /bin/bash

入力の引き渡し方法: 引数として

[[ $# -gt 0 ]] || exit 0 for f in "$@" do new_f="${f%.tiff}.jpg" [[ -f "$new_f" ]] && continue # # formatOptions: # low|normal|high|best|<percent> # sips -s format jpeg -s formatOptions best --out "${new_f}" "${f}" 2>/dev/null done


※追記: 画像とコードを修正しました。

2017/11/13 16:49

返信 参考になった (1)

2017/11/13 16:47 HAYAMA への返信 HAYAMA への返信

検証ありがとうございます。



カーネルパニック起こして、一度目は外付けのhigt sierraでインストールしましたが、なんか調子悪いのでインターネットからの再インストールしていました(iBook以来の珍事(笑))。

確かに再インストールすると、おっしゃるようなメニューが出て来ました。



ただ写真ヘルプ

"写真、ビデオ、およびスライドショーを書き出す"

には

「写真の種類」ポップアップメニューをクリックして、書き出す写真のファイルタイプを選択します。

「JPEG」を選択すると、Web サイトやほかの写真アプリケーションでの使用に適した小サイズのファイルが作成されます。

とあり、最初はその通りでしたのでこのトピックをたてました。


ただ現在はおっしゃるように小中大が選べるメニューが出て来ました。

何処かでひっそりとバージョンアップされたのかしらん…

お手数をおかけしました。

2017/11/13 16:47

返信 参考になった
スレッドに付いたマーク 参考になった

2017/11/13 16:48 Hiro.S への返信 Hiro.S への返信

検証ありがとうございます。


作成して見て、動いているようですがjpgで吐き出してもらえなかったです(作り方悪かったかも)


とりあえず、再インストールで大中小のメニューが出て来たので、このままひっそりとやって行きます。


お手数をおかけしましてすみません。

2017/11/13 16:48

返信 参考になった (1)

2017/11/13 17:05 お子様ランチ. への返信 お子様ランチ. への返信

ヘルプ通りなのですっかりそうだと思ったけど、写真の種類の右端にスイッチありました。

                                ⤵

ユーザがアップロードしたファイル

ぼんくらでした。押すと出て来ました。

ユーザがアップロードしたファイル

お騒がせしました。

ヘルプもっと親切書いてほしい…とほ

2017/11/13 17:05

返信 参考になった

2017/11/13 18:44 お子様ランチ. への返信 お子様ランチ. への返信

あら〜ダメでしたか。こちらこそ、お手数をおかけして済みませんでした。

2017/11/13 18:44

返信 参考になった
ユーザのユーザプロフィール: お子様ランチ.

質問: 写真.appからjpgへ書き出しについて