お知らせ:


 ◇ YouTube Apple Japan チャンネル で有用なヒントや使い方を配信中です。
 ◇ iOS 向け Apple サポート App のバージョン 2.4.1 が公開されました。

お知らせ: macOS Mojave にアップグレードする


macOS Mojave には、ダークモードやスタックなどの新機能や、3 つの新しい内蔵 App が新たに加わり、クリックするたびにさらに多くのことができるようになります。 macOS Mojave へのアップグレード方法はこちら >

しばらく返答が寄せられていないようです。 再度ディスカッションを開始するには、新たに質問してください。

質問:

質問: macOS High Sierra のディスクユーティリティの復元機能

確認作業を続けていますが速報です。

macOS High Sierra のディスクユーティリティの「復元」ですがサラッと試す限りいわゆるクローンをする際、HFS+ とAPFS は同一フォーマットでないと起動しません。クローンはできますが起動はしないと言うことです。Safe Boot も試すとカーネルパニック様な状態になります。

またAPFS の場合はパーティションをクローンするのではなくコンテナをクローンする様な気配です。

さらに復元の際に表示される進捗バーのウインドウで復元先の表示がnull になったりしますので処理が正常なのか不安です。

それと何故か復元に使わなかった別ストレージのmacOS High Sierra も影響を受けます。復元作業のテスト後に起動すると通常はでない起動時のログがでます。

ということでバックアップ用途で一応使えますが、信用度は高くないです。


MacBook Pro(Late 2011)macOS High Sierra 10.13.1

root 問題のセキュリティアップデート済み

投稿日

返信

ページコンテンツが読み込まれました

2017/12/04 07:47 ni_ki への返信 ni_ki への返信

参考情報:

Mac Fan Special 完全理解! macOS High Sierra  マイナビブック

P.62

COLUMN 起動ディスクの完全コピーをとれば安心!

macOSのシステムをまるごと複製するテクニック

ディスクイメージの保存が不可

# 新しいmacOSへアップグレードをする前に外付けのハードディスクなどに

# 内蔵ストレージを複製しておくというテクニックを熟練のMacユーザーは使ってきました。

# それに使うのは標準のディスクユーティリティーの復元機能であり、

# ボリュームをまるごと復元する不法とディスクイメージ化しておく方法の2つがあります。

# ところが、macOSハイシエラではファイルシステムが「APFS」に更新されたせいか、

# 復元機能がうまく働きません。ハードディスク同士ならうまくいきますが

# 内蔵ストレージがSSDの場合は復元できないことになります。

# そこで、古くからMacのフルバックアップソフトとして有名な

# 「カーボン・コピー・クローン」を試してみましょう。

                                  from youfo


追記:

Mac Fan Special 完全理解! macOS Sierra  マイナビブック

P.56

起動ボリュームをまるごとファイルとしてバックアップ

ディスクイメージで保存・復元する

2017/12/04 07:47

返信 参考になった

2017/12/04 11:20 ni_ki への返信 ni_ki への返信

ディスクユーティリティはアップデートが遅れ気味なんで、新ファイルシステムへの書き込み側も不十分なのかも。


復元のターゲットがSSDだと、ウエアレベリングのためにセクタ管理が複雑化しているので、低レベルの書き込みは難しいのではないかと予想します。壊しそうで。

ディスクイメージの復元とか、どういう処理が好ましいのか難しそうです。

2017/12/04 11:20

返信 参考になった

2017/12/05 02:38 xy への返信 xy への返信

試す限りは、不十分なのは間違いない様です。

成功する環境とダメな環境があります。何故かは不明です。おそらく相性ですね。あまり使いたくない言葉ですが。

2017/12/05 02:38

返信 参考になった

2017/12/07 22:35 ni_ki への返信 ni_ki への返信

APFS のイメージファイルからの復元も一応できました。パーティションの大きさが立ちはだかってストレージ間の復元ができない環境でもイメージファイルを回すればできることがあるようです。

APFS ならHDD でも何とかできました。


macOS High Sierra 10.13.1

2017/12/07 22:35

返信 参考になった

2017/12/11 22:51 ni_ki への返信 ni_ki への返信

ディスクユーティリティと関係がない話ですがAPFS とHFS+ 関係の話でネタレベルなので、ここに書かせていただきます。

今までfstab なる物を使い外付けストレージの自動マウントをさせないようにしてきましたが、APFS だと「させない」と言う点で難有りです。自動マウントされたりと動作が不安定です。古い機能なのでしょうね。

2017/12/11 22:51

返信 参考になった

2018/01/06 22:39 ni_ki への返信 ni_ki への返信

APFSイメージファイルからの復元に失敗してしまうのでお手数ですが教えてください。

先月TouchBar付きMacBookProを購入し、リカバリモードで起動しディスクユーティリティを使ってコンテナを選択してAPFSのディスクイメージを作成し外付けHDD(HFS+)に保存しました。

これを復元したいのですが、外付けHDDにHigh Sierraリカバリボリュームを作成しそこから起動させてディスクユーティリティを使ってAPFSフォーマットを行った後、コンテナを選択しメニューから復元を選びイメージ選択ボタンを押して保存しておいたAPFSのディスクイメージ(.dmgファイル)を選択して復元を実施しました。

イメージのチェックやサイズのチェックを終えてRestoreing... が始まるのですが、しばらくしてエラー終了してしまいます。エラー内容は「引数が無効です」と言われます。

色々調べているのですが、Apple標準ツールではコンテナを保存したディスクイメージを復元できないでしょうか?


再インストールも含めて何時間もかかる事があってかなり不便な仕組みに変わっているように思います。

ネットで調べているのですが、なかなか見つからず皆さんがどのようにしているのか気になります。

2018/01/06 22:39

返信 参考になった

2018/01/07 11:53 moon77 への返信 moon77 への返信

コンテナの下の、いわゆるパーティションをアンマウントを手動で行ってから実行するとどうでしょうか。何故か自動でアンマウントしてくれない時が多いです。

2018/01/07 11:53

返信 参考になった
ユーザのユーザプロフィール: ni_ki

質問: macOS High Sierra のディスクユーティリティの復元機能