お知らせ:


 ◇ YouTube Apple Japan チャンネル で有用なヒントや使い方を配信中です。
 ◇ iOS 向け Apple サポート App のバージョン 2.4.1 が公開されました。

しばらく返答が寄せられていないようです。 再度ディスカッションを開始するには、新たに質問してください。

質問:

質問: 写真アプリでRAWのみ削除する方法

JPEG +RAWで撮影した写真をデジタルカメラからMacの写真アプリに読み込んだ後、

JPEGだけ残してRAWを削除したいです。


スマートアルバムでRAWで絞ってもニコイチになっているようです。


何か良い策があれば教えていただきたいです。

MacBook Pro, macOS High Sierra (10.13.2)

投稿日

返信

ページコンテンツが読み込まれました

2018/01/18 19:56 インコ への返信 インコ への返信

すでにそれらのJPEGのみにしたい写真を、写真.app上のアルバムに整理している場合、アルバムへの登録はやり直しになりますが、以下の方法はどうでしょうか?


  1. 写真.appで新規アルバムを作成します。(例として「JPEG」アルバムとして以下説明します)
  2. JPEGだけを残したい写真(RAWとJPEGが一組になっているもの)を「JPEG」アルバムに追加します。
  3. 追加しおわったら、「JPEG」アルバム内の全ファイルを選択して、ファイルメニューの「書き出す」→「**枚の未編集のオリジナルを書き出す」を選択し、デスクトップ等に適当な名前のフォルダを作成して(以下「A」フォルダとして説明します)、そこに書き出します。(キーワードを写真.app上で追加したりした場合は、IPTCをXMPとして..というオプションにチェックしておいてください)
  4. 書き出されたフォルダのなかに、「JPEG」アルバムの RAWとJPEGファイルが一組ずつあることを確認したら、Finderをリスト表示にして「種類」順にならびかえ、RAWファイルのみを選択して削除します。これで「A」フォルダには JPEGファイルのみ(IPTCもかきだした場合は XMPファイルとJPEGファイル)になります。
  5. 写真.appにもどって、手順1で作成したアルバム(「JPEG」アルバム)のなかのファイルを全部選択して、右クリック(control + クリック)し、「**枚の写真を削除」 を実施します。
  6. 「A」フォルダのなかの JPEGファイル(ある場合はXMPファイルも)を写真.appに読み込みます。



なお、手順5で削除を実施しても、写真.appの環境設定-一般-読み込みで「項目を写真ライブラリにコピー」をしている場合は、写真ライブラリのパッケージの中の Mastersフォルダ に30日間 はもともとの JPEG+ RAWとも残されています。(アルバム - 最近削除された項目」でみたり復元することができます)

2018/01/18 19:56

返信 参考になった (1)
ユーザのユーザプロフィール: インコ

質問: 写真アプリでRAWのみ削除する方法