お知らせ:


 ◇ YouTube Apple Japan チャンネル で有用なヒントや使い方を配信中です。
 ◇ iOS 向け Apple サポート App のバージョン 2.4.1 が公開されました。

しばらく返答が寄せられていないようです。 再度ディスカッションを開始するには、新たに質問してください。

質問:

質問: 入力切り替えのショートカットキー

MacBook AirをUSキーボードで使っています。

日本語で使用していますが、英文への切り替えのショートカットキーってありますか?

MacBook Air, macOS High Sierra (10.13.2)

投稿日

返信
スレッドに付いたマーク この回答で解決
回答:
回答:

入力ソース切り替えのショートカットキーは皆さんの書かれたように順送りの切り替えになります。

ただし、日本語入力が選択されている状態であれば入力モードをショートカットキーで変更することができ、そのうちの「英字」にすることで半角英数字が入力可能になります。

もし「英字」が選択肢にない場合は、システム環境設定>キーボード>入力ソースで日本語を選び、入力モードの「英字」にチェックを入れてください。

日本語入力モード切り替えのショートカットキー(チェックを入れて選択可能になっているもののみ有効)

入力モード 標準(メニュー表示) ことえり互換
ひらがな control+shift+J option+shift+Z
カタカナ control+shift+K option+shift+X
全角英字 control+shift+L option+shift+C
半角カタカナ control+shift+; option+shift+A
英字 control+shift+: option+shift+S


また、別の方法としては、Caps lockを使用する方法もあります。

システム環境設定>キーボード>入力ソースの日本語で、“Caps lockの動作”を“オンの時「英字」を入力”(もしくは“オフの時「英字」を入力”に設定するとCaps lockのオン・オフで英字とそれ以外を切り替えることができます。

この場合は本来の大文字・小文字の切り替えには使用されません。


以上、ご参考まで。


ちなみに私もcommand+space派です。

現在のOSのデフォルトはcontrol+spaceですね。

たしかEl Capitanぐらいの時にSpotLightと入れ替えになったように覚えてます。

投稿日

ディスカッションを部分的に表示しています

返信をすべて表示

ページコンテンツが読み込まれました

スレッドに付いたマーク この回答で解決

2018/01/24 02:05 mootsk26 への返信 mootsk26 への返信

入力ソース切り替えのショートカットキーは皆さんの書かれたように順送りの切り替えになります。

ただし、日本語入力が選択されている状態であれば入力モードをショートカットキーで変更することができ、そのうちの「英字」にすることで半角英数字が入力可能になります。

もし「英字」が選択肢にない場合は、システム環境設定>キーボード>入力ソースで日本語を選び、入力モードの「英字」にチェックを入れてください。

日本語入力モード切り替えのショートカットキー(チェックを入れて選択可能になっているもののみ有効)

入力モード 標準(メニュー表示) ことえり互換
ひらがな control+shift+J option+shift+Z
カタカナ control+shift+K option+shift+X
全角英字 control+shift+L option+shift+C
半角カタカナ control+shift+; option+shift+A
英字 control+shift+: option+shift+S


また、別の方法としては、Caps lockを使用する方法もあります。

システム環境設定>キーボード>入力ソースの日本語で、“Caps lockの動作”を“オンの時「英字」を入力”(もしくは“オフの時「英字」を入力”に設定するとCaps lockのオン・オフで英字とそれ以外を切り替えることができます。

この場合は本来の大文字・小文字の切り替えには使用されません。


以上、ご参考まで。


ちなみに私もcommand+space派です。

現在のOSのデフォルトはcontrol+spaceですね。

たしかEl Capitanぐらいの時にSpotLightと入れ替えになったように覚えてます。

2018/01/24 02:05

返信 参考になった
スレッドに付いたマーク 参考になった

2018/01/25 16:07 mootsk26 への返信 mootsk26 への返信

失礼します。

私も皆さんと同じく⌘ + Space切替え派です。

2018/01/25 16:07

返信 参考になった (1)

2018/01/24 11:09 ToMi への返信 ToMi への返信

話はそれますがショートカットの変更はSpotlight の普及目的なのではと邪推しております。Dock の一番左のほうがApple が売り込みたいものが置かれるように。

2018/01/24 11:09

返信 参考になった

2018/01/25 16:38 お子様ランチ. への返信 お子様ランチ. への返信

解決済になりました。

あぅ、みなさんUSキーボードなんですね

私は日本語しか使わないから日本語キーボードでした。

再変換のかなキー二度押しとか有って日本語キーボードは便利ですよ(笑)


追記

USキーボードだとoption+shift+Zとか+shiftが入るようですが、日本語キーボードだとoption+Zなど+shiftの必要が無いです。これはキーボードの違いなのか、設定の違いは知りませんが。

2018/01/25 16:38

返信 参考になった

2018/01/26 01:32 お子様ランチ. への返信 お子様ランチ. への返信

お子様ランチ. による書き込み:


解決済になりました。

あぅ、みなさんUSキーボードなんですね

私は日本語しか使わないから日本語キーボードでした。

再変換のかなキー二度押しとか有って日本語キーボードは便利ですよ(笑)

他の方はわかりませんが、私も日本語キーボードですよ。

# 過去のUSキーボード歴もそれなりにあるのは否定しませんが。^^

再変換も便利ですが、私の場合意図しない再変換に煩わされるほうが多かったりします。

追記

USキーボードだとoption+shift+Zとか+shiftが入るようですが、日本語キーボードだとoption+Zなど+shiftの必要が無いです。これはキーボードの違いなのか、設定の違いは知りませんが。

少なくとも私の環境では、shift有りが入力モードの切り替え、shift無しだと入力の指定変換です。

未確定無しの状態でoption+Zだと「Ω」になってしまいます。

# 優先言語:English(U.S.)、日本語の順

# Caps lockの動作:Caps lock、shiftキーの動作:カタカナの入力、入力方法:ローマ字入力

# ライブ変換:オフ、Windows 風のキー操作:オフ

公式サポート情報でもこちらではshiftありになっていますね。標準のcontrol+〜のほうですが。

Japanese Input Method: 日本語入力ソースを設定する/切り替える

ただ、そこと相互リンクしている以下のぺーじでは確かにshift無しの記述があります。

Japanese Input Method: 日本語入力ソース変換用のキーボードショートカット


余談になりますが、こんなのもあります。

Mac のキーボードショートカット - Apple サポート

# control+Aとかcontrol+Eなどはターミナル利用時と共通なので便利ですね。

2018/01/26 01:32

返信 参考になった

2018/01/26 05:57 ToMi への返信 ToMi への返信

あぁ失礼shift無しは指定変換ですね、勘違いしてました。

基本、入力は日本語だけですのでそっち寄りの思考になってました。。。

2018/01/26 05:57

返信 参考になった
ユーザのユーザプロフィール: mootsk26

質問: 入力切り替えのショートカットキー