お知らせ:


 ◇ YouTube Apple Japan チャンネル で有用なヒントや使い方を配信中です。
 ◇ iOS 向け Apple サポート App のバージョン 2.4.1 が公開されました。

しばらく返答が寄せられていないようです。 再度ディスカッションを開始するには、新たに質問してください。

質問:

質問: Macbook pro 13 late2013 Sieeraでディスプレイスリープから復帰しない

MacBook Pro 13 inch Retina Late 2013 MacBookPro11,1 A1502 をSierra 10.12.6 で使っています。中古購入なので現状に至る経緯がわかりませんが、現状 5分程度以上ディスプレイスリープ(あるいはスリープ)させると復帰したときに液晶画面が明るくなりません(バックライトが点灯していない)。AHW テストは正常ですし、スリープ解除以外の問題は確認されません。新規にインストールしたままでも再現します。新規インストール中でもスリープあるいはディスプレイスリープになって5分程度以上経過すれば、復帰時に画面が明るくなりません。



最初はスリープが解除できていないのかと思っていましたが、単純にバックライトが点灯しないのです。キー入力に対する応答(警告音など)が確認できるからです。通常スリープは何かのキーを押す、トラックパッドをクリックする、リッドをあげる(ディスプレイユニットを起こす)で解除され液晶のバックライトが点灯するはずですが、画面は暗いままで、いくらキーをたたいても変化がありません。リッドの上げ下げをなんどかすると液晶のバックライトが点灯することがあります。また、ゆっくりesc キーを2,3回押すと液晶のバックライトが点灯します(一度押すとスリープ解除、次にスリープ解除の解除(再スリープ)、次に再度スリープ解除)。5分程度以内のディスプレイスリープ(あるいはスリープ)であれば正常に復帰時に液晶のバックライトが点灯します。


ネットで類似の情報を探しましたが、他社製Kextとの競合などの理由(新規インストール中でも起こるので原因は別)しか見つかりませんでした。私個人としても経験がありません。


状況を確認するために以下の実験をしてみました。


1 BootCampで Win10を稼働させ、スリープ解除時に明るくなるかどうか。

 スリープ時間が長かろうが正常に画面が明るくなります。

2 現在搭載されているSSDは、SD6PQ4M 256GB(サンディスク製、Sierraでは APPLE SSD SD0256Fと表示される)です。PCIe 接続ではありますが、サムソンや東芝製の純正SSDに比べて性能が劣るようです。そこで、MZ-JPV256(APPLE SSD SM0256G とSierraでは表示されます)に入れ替えてみました(インストール直後の状態ではありません)

 スリープ時間が長かろうが正常に画面が明るくなります。


どうやら、SierraとSSDの相性の問題(あるいはサポートが十分されていない)と思われます。皆様が何か関連した情報や経験をお持ちならばお知らせいただければありがたいです。

MacBook Pro with Retina display, macOS Sierra (10.12.6)

投稿日

返信
スレッドに付いたマーク 参考になった

2018/05/08 08:02 ni_ki への返信 ni_ki への返信

Sierraでも High Sierraでも更新によって、画面が明るくならない(スリープから正常に復帰しない)という不具合がいくつか報告されています。もちろんWindowsでも似たような問題の報告もあります。必ず発生するわけではないが、特定のハードウエアを搭載していると発生しやすいという状況を「相性」と呼んでいる、本来はハードの性能、特性の違いをソフトウエアが吸収するべきなのだが、結果として吸収しきれなかったということなんでしょう。

ディスカッションを部分的に表示しています

返信をすべて表示

ページコンテンツが読み込まれました

2018/02/27 17:54 murou への返信 murou への返信

つまり、SanDisk製のApple SSDを、Samsung製のApple SSDに交換したら、スリープ復帰時のディスプレイの問題が無くなったという事ですよね?


どうやら、SierraとSSDの相性の問題(あるいはサポートが十分されていない)と思われます。

ん?

それよりも、中古で購入したのなら、SSDの経年劣化のほうが怪しいのでは?

DriveDx等を試用してみて、使用時間(Power on Time)の確認と、I/O ErrorやCRC ErrorがS.M.A.R.T情報で検出されていないかどうか、確認してみては?

https://binaryfruit.com/drivedx

https://applech2.com/archives/47227017.html


製造メーカーの動作保証内の軽度エラーだと、Apple Hardware Testでは異常なしと表示されてしまう事がありますよ。

Re: HDDが損傷したようなので、対処法に苦慮しています。

2018/02/27 17:54

返信 参考になった

2018/02/27 18:08 粕谷 明 への返信 粕谷 明 への返信

当然何度もSMART(brew でsmartctl をインストール済み、ただしverdor定義が多すぎて情報が少ない)で情報を見ていますが、分かる範囲で問題ありません。使用時間も180時間程度です。ディスクユーティリティでもSMART検証済みになっています。新規インストールできる時点でこの種の問題はクリアされていますよ、SMART情報がおかしければインストールできませんから。


$ smartctl -a /dev/disk0

smartctl 6.6 2017-11-05 r4594 [Darwin 16.7.0 x86_64] (local build)

Copyright (C) 2002-17, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org



=== START OF INFORMATION SECTION ===

Model Family: Apple SD/SM/TS...E/F/G SSDs

Device Model: APPLE SSD SD0256F

Serial Number: 140699409986

LU WWN Device Id: 5 001b44 bcdeb9a42

Firmware Version: A223321

User Capacity: 251,000,193,024 bytes [251 GB]

Sector Sizes: 512 bytes logical, 4096 bytes physical

Rotation Rate: Solid State Device

Form Factor: Unknown (0x0012)

Device is: In smartctl database [for details use: -P show]

ATA Version is: ATA8-ACS T13/1699-D revision 6

SATA Version is: SATA 3.0, 6.0 Gb/s (current: 6.0 Gb/s)

Local Time is: Mon Feb 26 15:08:05 2018 JST

SMART support is: Available - device has SMART capability.

SMART support is: Enabled



=== START OF READ SMART DATA SECTION ===

SMART overall-health self-assessment test result: PASSED



General SMART Values:

Offline data collection status: (0x00) Offline data collection activity

was never started.

Auto Offline Data Collection: Disabled.

Total time to complete Offline

data collection: ( 0) seconds.

Offline data collection

capabilities: (0x00) Offline data collection not supported.

SMART capabilities: (0x0003) Saves SMART data before entering

power-saving mode.

Supports SMART auto save timer.

Error logging capability: (0x01) Error logging supported.

General Purpose Logging supported.



SMART Attributes Data Structure revision number: 40

Vendor Specific SMART Attributes with Thresholds:

ID# ATTRIBUTE_NAME FLAG VALUE WORST THRESH TYPE UPDATED WHEN_FAILED RAW_VALUE

1 Raw_Read_Error_Rate 0x000f 100 100 000 Pre-fail Always - 0

5 Reallocated_Sector_Ct 0x000f 100 100 000 Pre-fail Always - 0

9 Power_On_Hours 0x0032 100 100 000 Old_age Always - 185

12 Power_Cycle_Count 0x0032 100 100 000 Old_age Always - 9293

169 Unknown_Apple_Attrib 0x0022 100 100 010 Old_age Always - 1671090408896

173 Wear_Leveling_Count 0x0022 197 197 100 Old_age Always - 25776750618

174 Host_Reads_MiB 0x0030 100 100 000 Old_age Offline - 3426909

175 Host_Writes_MiB 0x0030 100 100 000 Old_age Offline - 3878803

192 Power-Off_Retract_Count 0x0032 100 100 000 Old_age Always - 266

194 Temperature_Celsius 0x0022 073 073 000 Old_age Always - 27 (Min/Max 16/81)

197 Current_Pending_Sector 0x0032 000 000 000 Old_age Always - 0

199 UDMA_CRC_Error_Count 0x003e 100 100 000 Old_age Always - 0

244 Unknown_Attribute 0x0002 000 000 000 Old_age Always - 0



SMART Error Log not supported



SMART Self-test Log not supported



Selective Self-tests/Logging not supported

2018/02/27 18:08

返信 参考になった
スレッドに付いたマーク 参考になった

2018/05/08 08:02 ni_ki への返信 ni_ki への返信

Sierraでも High Sierraでも更新によって、画面が明るくならない(スリープから正常に復帰しない)という不具合がいくつか報告されています。もちろんWindowsでも似たような問題の報告もあります。必ず発生するわけではないが、特定のハードウエアを搭載していると発生しやすいという状況を「相性」と呼んでいる、本来はハードの性能、特性の違いをソフトウエアが吸収するべきなのだが、結果として吸収しきれなかったということなんでしょう。

2018/05/08 08:02

返信 参考になった (1)
ユーザのユーザプロフィール: murou

質問: Macbook pro 13 late2013 Sieeraでディスプレイスリープから復帰しない