お知らせ:


 ◇ YouTube Apple Japan チャンネル で有用なヒントや使い方を配信中です。
 ◇ iOS 向け Apple サポート App のバージョン 2.4.1 が公開されました。

お知らせ: macOS Mojave にアップグレードする


macOS Mojave には、ダークモードやスタックなどの新機能や、3 つの新しい内蔵 App が新たに加わり、クリックするたびにさらに多くのことができるようになります。 macOS Mojave へのアップグレード方法はこちら >

しばらく返答が寄せられていないようです。 再度ディスカッションを開始するには、新たに質問してください。

質問:

質問: NASのSMBファイル共有がFinderで表示できない

MacBook Pro 13-inch Retina Early 2015/OS X El Capitan 10.11.6とBuffalo LinkStation LS410D201C/SMB v1, v2.08でファイル共有を利用しています。

MacBook Proを再起動すると、暫くの間、FinderでLinkStationのSMBファイル共有をブラウズすることが出来なくなります。再起動後、30分くらいの経たないとネットワークを開いてもSMBサーバが表示できないのです。

スリープから復帰した時も同様の状態になることがあります。ファイル共有サーバは動作の確認が採れるので問題なさそうなのですが、OS X/Finderの操作で対処する方法があれば教えてください。

OS X El Capitan (10.11.6)

投稿日

返信

ページコンテンツが読み込まれました

2018/03/03 09:23 apo2 への返信 apo2 への返信

Mac のファイル共有で接続する方法 - Apple サポートhttps://support.apple.com/ja-jp/HT204445

にある通り「Finder→移動メニュー→サーバへ接続」で、smb://192.168.x.x/ or smb://(ServerName)/(ShareName)を指定して開くと良いようです。Mac以外のSMBサーバ/クライアントの持つMASTER_BROWSER情報の伝播の問題なので良い解決手段が他に見つけられませんでした。

もし、ご存知の方がいらっしゃれば御指南ください。

2018/03/03 09:23

返信 参考になった

2018/03/03 09:45 apo2 への返信 apo2 への返信

共有しているボリュームのアイコンをログインメニューに登録しておくとか、

エイリアスをデスクトップに保存しておき必要時にマウントするとか。

2018/03/03 09:45

返信 参考になった

2018/03/03 13:43 xy への返信 xy への返信

共有サーバ、共有フォルダのエイリアスをFinderで作成してみようとしてみましたが、予期しないエラー(エラーコード:-8060)が発生し作成できませんでした。

Finderのウインドウの共有項目にサーバ名が表示されるまで約30分から1時間待てば問題なくアクセスできますので、それまでの間をどうするかがポイントになります。

Appleの見解では、移動メニュー→サーバへ接続でsmb://(サーバー名)/(共有名)をアクセスしてみるのが唯一の解決策のようです。

2018/03/03 13:43

返信 参考になった

2018/03/03 14:01 ni_ki への返信 ni_ki への返信

共有サーバ名の解決にSMB、CIFSの何を使うか不明なので分かりませんが古いSMB v1ではMASTER_BROWSER情報(同一セグメント内でより優先度の高いマシン、Windows Active Directory < Windows Server < Windows Versionの新しいクライアントで最も早く立ち上がったマシンがその権限を持ちます)を参照できないと本件のような状態になってしまいます。

幸い我が家では、NASがMASTER_BROWSERを握る可能性が高いようでNASの再起動で状態が改善します。

BSDではどのようなSMBサーバ・クラインアントの実装になってるのか調べてみたいと思います。

2018/03/03 14:01

返信 参考になった

2018/03/03 14:37 apo2 への返信 apo2 への返信

apo2 による書き込み:


Appleの見解では、移動メニュー→サーバへ接続でsmb://(サーバー名)/(共有名)をアクセスしてみるのが唯一の解決策のようです。

サーバ名じゃなくIPアドレスを直指定した方が早いし確実(名前解決が絡まないので)。


このコマンドをスクリプト(マウントしたボリュームのエイリアスとほぼ同じ)にしとくと、便利なんですけどね。


LInkStationがリンクアップに時間を食ってるということはないですか。

これが無いということなら、名前解決で手間取ってることになりそうですが。

2018/03/03 14:37

返信 参考になった

2018/03/03 16:56 xy への返信 xy への返信

xy による書き込み:



LInkStationがリンクアップに時間を食ってるということはないですか。

これが無いということなら、名前解決で手間取ってることになりそうですが。


LinkStationのリンクアップは同じ時間にアクセス出来たWindows 7のPCから確認済みで、Finderだけが名前解決出来ていないように見えました。今スリープから復帰した状態では逆にリンクの切れたWindows PCのファイル共有の痕跡が邪魔をしてFinderでWindows PCのファイル共有をブラウズできなくなっています。

(LinkStationのファイル共有はブラウズが出来ているのですが)


同様にMacBook Pro上の仮想マシン環境にあるUbuntu 16.04LTSからのアクセスもFinderと同じ状態で

 LinkStation → OK

Windows PC → サーバ名は見えているが、リンク切れでアクセスできず。

        (MacBook Pro再起動後1時間ぐらいの時にUbuntuを起動した時点では上手くアクセス出来ていた)


また、MacBook Pro上の仮想マシン環境にあるWindows 10 Pro (Rs3)からは、¥¥(サーバ名)のアクセスで

 LinkStation → OK

 Windows PC → OK


なので何らか、Samba Clientに支障があるとみています。

2018/03/03 16:56

返信 参考になった

2018/03/03 19:12 xy への返信 xy への返信

ちょっとGoogleってみました。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1502/27/news051.html

に、OS X Mavericks 10.9 はSMB2.0で、OS X Yosemite 10.10以降はSMB3.0で実装されていることが解説されています。

LinkStation LS410D v1.83はSMB1.0/SMB2.0対応で、Windows 7SP1はSMB1.0/2.0/2.1でダイアレクトを実行します。

SMB1.0/CIFS1.0はWindows2000/XPで開発が完了しており、Windows 8.1では非推奨になったのですがWindows 10 Fall Creators Update (Ver1709, Rs3)では一部使用できる状態にあります。

通常更新インストールを実行したWindows 10 Fall Creators Updateは、SMB1.0クライアントをインストール後15日間動作しなければ、SMB1.0プロトコルスタックとComputer Browserサービスをアンインストールすることになっています。

我家の環境ではSMB2.0とSMB1.0(Linux Samba Client)が使われているが、Computer Browserサービスが動作するマシンがWindows 7 PCと仮想マシン上のWindows 10 PCになります。定常的に立ち上がっているのはWindows 7 PCのみ。

Computer Browserサービスで提供されるMASTER_BROWSER情報がキャッシュされて伝播されれば安定して名前解決できる状態にあるが、MacBook Pro (OS X El Capitan 10.11.6)が再起動するときにローカルキャッシュが不安定になるとみられます。


Windows Vista以降は、利用可能な場合にIPv6をIPv4よりも優先して使用します。Windows Vista以降に実装されたブロードキャストベースのIPv6対応の名前解決の仕組みは、Windows独自のものです。一方、Macは「Bonjour」というMac独自の技術で、UDPポート5353のマルチキャストDNSを使ってネットワークを探索します。

試しに、Finder環境設定で「サイドバーに表示する項目」の共有の

1. どこでもMy Mac

2. 接続中のサーバ

3. Bonjourコンピュータ

のチェックマークをオンオフすると名前解決にも影響がみられました。

奇しくもWindows 7 PCは、iTunes for WindowsのホストでもあるのでBonjuour for Windowsが動作しているようです。Bonjourコンピュータのみで名前解決しているのはEPSONの複合機プリンター・スキャナー・メモリカードリーダーだけのようでした。複数のComputer Browserサービスが違う名前をキャッシュしていないか探す必要がありそうです。

2018/03/03 19:12

返信 参考になった

2018/03/03 21:45 apo2 への返信 apo2 への返信

ちょっと理解が間違ってました。Computer Browserサービスは、SMB1.0/CIFS1.0以前のNT4.0/Windows 9xで使われていたMASTER_BROWSER情報を提供するための仕組みで、SMB1.0/2.0/3.0でネゴシエーションするMac OS X Yosemite以降には関係ないようです。

Windows 2000/XpはActive Directory/DNSでのみ名前解決をしており、Windows Vista以降は「WSD」(WS-Discovery)、「LLTD」(Link-Layer Topology Discovery)、「LLMNR」(Link-Local Multicast Name Resolution)といったブロードキャストを使用して、非ドメイン環境におけるブラウジングと名前解決が実行されてます。


Mac OS X Yosemite 10.10以降は前述の通り、BonjourコンピュータとLLTD/LLMNRがその役割を担っていると考えられます。Bonjourコンピュータによる名前解決を能動的に動かすために「iTunes Home Sharingを起動するといったお呪い」がSMBファイル共有に影響するのもことからも伺えます。

どこに問題があるかAppleサポートに問い合わせて解決すれば良いのですが。。。

2018/03/03 21:45

返信 参考になった
ユーザのユーザプロフィール: apo2

質問: NASのSMBファイル共有がFinderで表示できない