お知らせ:


 ◇ YouTube Apple Japan チャンネル で有用なヒントや使い方を配信中です。
 ◇ iOS 向け Apple サポート App のバージョン 2.4 が公開されました。

しばらく返答が寄せられていないようです。 再度ディスカッションを開始するには、新たに質問してください。

質問:

質問: Lion <-> Snow Leopard 間ファイル共有における問題

今週末、所有する一部のマシンをLionにしまして、残るSnow Leopard のマシンとの間で

afp:// を使ってファイル共有を試みております。


問題は、クライアントから見てアップロードが出来ないことです。

ダウンロードは出来ます。

また、どちらをクライアントとしても同じ現象です。


「Finder が変更を加えようとしています、これを許可するにはパスワードを入力して下さい」


というメッセージを出て、パスワード入力しますが、


(無いのに)「○○というファイルは既にあります。置き換えますか?」となって、OKとすると、


「“”という項目がすでに存在するため、操作を完了できません。」という意味不明のことを言って

中止になります。結果、○○という名前の空ファイルが出来ます。


Lion間はすんなり出来ます。また、Snow Leopard 間は今まで通り出来ています。(当然ですが。)


許可情報としては、どちらも管理者ですので、全てのボリュームにアクセス出来る、

と「システム設定」の「共有」にありますね。パブリックフォルダーは利用していませんし、

利用する気もありません。


お詳しい方、是非お知恵をお貸し下さい。

Mac Pro, Mac OS X v10.7 Lion

投稿日

返信
スレッドに付いたマーク この回答で解決
回答:
回答:

afp などの場合、クライアント側とサーバ側のユーザが違う場合はややこしいことがあるようです。

ファイルサーバのアクセス権を理解する

1−4まであります。


uid をそろえておくのが現実的かもしれません。

投稿日

スレッドに付いたマーク 参考になった

2011/07/25 21:38 かおりん への返信 かおりん への返信

afpを使用してマウントしたさいにクライアント側からみて、例えばDocumentsフォルダはどのようなアクセス権になっているでしょうか。私のところでOS X LionからOS X Snow Leopardのユーザアカウントフォルダをafpで接続してログインしてみたら、他のユーザアカウントのアクセス権が設定されていました^^

詳しく検証しておりませんが、最後に作成したアカウントのアクセス権が設定されているように見えるような気配があります。ただ、ファイルコピーは正常に行えております。論拠の薄い推測ですが、最後に作成したユーザーアカウントの影響を受けるのかも知れません。


それと、実行済みでしたら申し訳ありませんがSafe Bootなども行うと改善があるかもです。以前、似たような症状が出たときは、そこら辺で悪あがきしたら直った(うろ)覚えがあります。

ディスカッションを部分的に表示しています

返信をすべて表示

ページコンテンツが読み込まれました

2011/07/25 10:55 かおりん への返信 かおりん への返信

> 許可情報としては、どちらも管理者ですので、...


ACL が設定されていると、管理者でも書き込みは出来ないように出来ます。lion ではセキュリティが強化されて、ファイル共有では、管理者といえども、ACLを無視するos(snowleopard)からはファイルの書き込みを出来なくしたのかもしれません。本来その目的のフォルダーであるパブリックフォルダーなら書き込みできるのでは?

2011/07/25 10:55

返信 参考になった

2011/07/25 11:28 はに への返信 はに への返信

はに様、早速のお返事どうも有り難うございました。


Lion から Snow Leopard のパブリックフォルダーにアップロードしてみましたが、

同じ事のようです。ドロップボックス内、外へと同じです。


最初の質問で、「置き換えますか?」と訊かれて、応答を「置き換え」ではなく、

「両方残す」にすると何と空ファイル(名前が○○の末尾に番号を振られたもの)が

一万個以上出来てしまいました。反応無くなったので途中で止めましたが、

放置したら空恐ろしいことになっていたかも…

2011/07/25 11:28

返信 参考になった

2011/07/25 17:02 かおりん への返信 かおりん への返信

うちで(lion -> snowleopard、管理者ユーザ同士。相手のホームフォルダー内) でやってみましたが、特に問題ありませんけど。

従来と同じようにスムースに転送できてます。パブリック、その他関係無しです。パブリックフォルダー内だと、当然のことながらゲスト接続で転送できてます。

そもそも、「置き換えますか?」などと訊かれませんけど。

ユーザホームがネットワークボリュームをマウントしているとかということはないですか?

単にファイルの転送ですよね?オフィスなどから直接相手のホーム内にファイルをセーブとかじゃないですよね。

2011/07/25 17:02

返信 参考になった

2011/07/25 17:26 はに への返信 はに への返信

「ユーザホームがネットワークボリュームをマウントしているとかということ」

はありません。ただのホームディレクトリです。


単にファイルの転送です。


それから、今、お宅で大丈夫だったと伺って、試しに別のSnow Leopard マシンから

Lion ディレクトリーを共有したら、OKでした!

(逆方向は既知の理由でセキュリティ上出来ません。)


環境に依るようですね… なお、最初に挙げたメッセージ、

「Finder が変更を加えようとしています、これを許可するには…」には【詳細】という

ボタンがあって、押したら、権限:Com.Apple.Desktopservices とか書いてあります。

あまりヒントにならないでしょうか。

2011/07/25 17:26

返信 参考になった

2011/07/25 17:33 かおりん への返信 かおりん への返信

古い、もしくは壊れた.DS_Storeが邪魔してるということはないでしょうか? サーバ側のアップロードするディレクトリから.DS_Storeを削除してみるとか。

2011/07/25 17:33

返信 参考になった

2011/07/25 18:24 M3CSL への返信 M3CSL への返信

やってみました。両方のマシンのコピー先&元のディレクトリーの

.DS_Store を削除しました。ついで、両方のマシンに「ディスクのアクセス権を修復」

をかけましたが、特に変化はないようです。


ファイルのコピーをしたいマシン間の問題なので困ります。


ちなみに、Lion で使えなくなったPower PCアプリをSnow Loeprad (SL) マシンで

使うためにファイルをまず、Lion->SL、そして処理が終わったあとに、SL->Lion

と戻すつもりです。結構頻繁にやりとりする必要ありそうで、なるべく簡単に

やりたいと思っています。


コピーしないで、マウントしたLion側ファイルを直接 Power PCアプリで読み、処理後保存を

試みましたが、結局上記と同じです。(アップロードをすることになるからでしょう。)


全部SLでやれば?と言われそうですが、それでもLionを使いたい…

2011/07/25 18:24

返信 参考になった

2011/07/25 19:07 かおりん への返信 かおりん への返信

では、その共有ディレクトリにある、ファイル名が “._” ではじまる不可視ファイルを削除してからコピーするとどうでしょうか?

2011/07/25 19:07

返信 参考になった

2011/07/25 19:20 かおりん への返信 かおりん への返信

ググってみると、似たようなエラーは、フォルダーやファイルのオウナーが違っていると出るようです。利用されているマックは、すべてお一人で(かつ同じユーザ名で)ご利用ですか?他のユーザ名で利用しているのが混じっているということはありませんか?あるいは何らかの原因で、(ネットワークの向こう側のマックの)使うフォルダーのオウナーがrootになってしまっているとか。

2011/07/25 19:20

返信 参考になった

2011/07/25 20:43 はに への返信 はに への返信

今もう自宅でして、職場のMacのことなのでリモートログインして

調べてみました。全部私一人で使っていますが、不具合のテスト用に

ほとんどさらのアカウントが別にあるにはあります。でも、オウナ−はすべて

同じで問題ないように見えます。root になっていると言うこともありません。

2011/07/25 20:43

返信 参考になった

2011/07/25 20:50 M3CSL への返信 M3CSL への返信

「ファイル名が “._” ではじまる不可視ファイル」は無いようですけど。

(普通ありましたっけ?)


[<hostname>:~/Documents] <username>% ls -a ._*

ls: No match.


共有したいファイルは、Documents にあります。

2011/07/25 20:50

返信 参考になった

2011/07/25 21:02 かおりん への返信 かおりん への返信

コピーの邪魔をしている書き換え不能な不可視ファイルがあるような時の挙動だったのでお試しいただいたのですが、SMBやWebDAVなどで共有したことがなければAppleDoubleのリソースフォークは生成されなかったですね。お手数おかけしちゃって申し訳ないです。失礼しました。


ところで、他に何か原因になりそうな不可視ファイルはありませんでしたか?ls -la

2011/07/25 21:02

返信 参考になった
スレッドに付いたマーク 参考になった

2011/07/25 21:38 かおりん への返信 かおりん への返信

afpを使用してマウントしたさいにクライアント側からみて、例えばDocumentsフォルダはどのようなアクセス権になっているでしょうか。私のところでOS X LionからOS X Snow Leopardのユーザアカウントフォルダをafpで接続してログインしてみたら、他のユーザアカウントのアクセス権が設定されていました^^

詳しく検証しておりませんが、最後に作成したアカウントのアクセス権が設定されているように見えるような気配があります。ただ、ファイルコピーは正常に行えております。論拠の薄い推測ですが、最後に作成したユーザーアカウントの影響を受けるのかも知れません。


それと、実行済みでしたら申し訳ありませんがSafe Bootなども行うと改善があるかもです。以前、似たような症状が出たときは、そこら辺で悪あがきしたら直った(うろ)覚えがあります。

2011/07/25 21:38

返信 参考になった (1)

2011/07/26 08:40 M3CSL への返信 M3CSL への返信

不可視ファイルは、._DS_Store を削除したので、今現在は、


-rw-r--r-- 1 <username> staff 0 Jan 26 09:03 .localized


だけのようです。空ファイルですね。

2011/07/26 08:40

返信 参考になった

2011/07/26 08:51 かおりん への返信 かおりん への返信

> -rw-r--r-- 1 <username> staff 0 Jan 26 09:03 .localized


これはシステムに必要なファイルです。削除しない方がよいです。削除すると、日本語で表示されているフォルダー名が英語表記になってしまいます。

2011/07/26 08:51

返信 参考になった

2011/07/26 09:29 ni_ki への返信 ni_ki への返信

ni_ki さん、ビンゴです!


ローカル(Lionマシン)で:

drwx------+ 2081 <username> staff 70754 Jul 26 08:39 Documents/


リモート(SLマシン)にマウントして、/Volumes/<username> を見た場合:

drwx------+ 2081 <username2> staff 70710 Jul 26 08:39 Documents/


容量が少し違うのも気になりますが、owner が明らかに違いますね。

<username2> はテスト用に作ったアカウントです。

このファイルに限らず、全てのファイルがそうのようです。


はにさんのおっしゃっていたこともこれでしょうか?


それで、今、気づいたのですが、uid が2つのマシンで入れ替わって

いるようです。501, 502 です。確かにアカウントを作った順番に関係しますよね。

ただ、別の Lionマシン(そのuid は最初のLionと同じ)のディレクトリーを

マウントした場合はownership は正常に見えます。


本来はuid の違いを吸収して見せないといけないものなんでしょうか…

2011/07/26 09:29

返信 参考になった
ユーザのユーザプロフィール: かおりん

質問: Lion <-> Snow Leopard 間ファイル共有における問題