お知らせ:


 ◇ YouTube Apple Japan チャンネル で有用なヒントや使い方を配信中です。
 ◇ iOS 向け Apple サポート App のバージョン 2.4.1 が公開されました。

お知らせ: macOS Mojave にアップグレードする


macOS Mojave には、ダークモードやスタックなどの新機能や、3 つの新しい内蔵 App が新たに加わり、クリックするたびにさらに多くのことができるようになります。 macOS Mojave へのアップグレード方法はこちら >

しばらく返答が寄せられていないようです。 再度ディスカッションを開始するには、新たに質問してください。

質問:

質問: セキュリティアップデート2018-001を行なった後、再起動を繰り返す不具合(2)

再インストールしたが、復帰せず。

再インストールでは、updateが消えないのか?

セキュリティーソフトは、ウイルスバスター サーバー版。

失った時間は、膨大です。

現在のOS El Capitan

次の手は、Sierraに上げるか?! High Sierraに上げるか?!

ご助言お願いいたします。

null-OTHER, OS X El Capitan (10.11.6), MacPro

投稿日

返信
スレッドに付いたマーク この回答で解決
回答:
回答:

Time Machineで1月23日に戻したら立ち上がりました。

Officeの再構築が必要とのメッセージが出ていました。

再構築を仕掛けて今日は終了です。

投稿日

スレッドに付いたマーク 参考になった

2018/01/26 14:50 17826 への返信 17826 への返信

セーフモード(< shift >キーで起動)で、この問題が発生しますか?これで発生しなければ、ウイルスバスター サーバー版に原因があるかと思います。その場合、対策済みアップデートが出るまで待つしか手がないように思います。

ウイルスバスター サーバー版は、ウイルスバスター クラウドやウイルスバスター for Mac とは別製品となりますので、同じ事象への対応にも時間差があります。ウイルスバスター クラウドとウイルスバスター for Mac では、この CPU 脆弱性対策に関する問題への対処が完了しています。

ディスカッションを部分的に表示しています

返信をすべて表示

ページコンテンツが読み込まれました

スレッドに付いたマーク 参考になった

2018/01/26 14:50 17826 への返信 17826 への返信

セーフモード(< shift >キーで起動)で、この問題が発生しますか?これで発生しなければ、ウイルスバスター サーバー版に原因があるかと思います。その場合、対策済みアップデートが出るまで待つしか手がないように思います。

ウイルスバスター サーバー版は、ウイルスバスター クラウドやウイルスバスター for Mac とは別製品となりますので、同じ事象への対応にも時間差があります。ウイルスバスター クラウドとウイルスバスター for Mac では、この CPU 脆弱性対策に関する問題への対処が完了しています。

2018/01/26 14:50

返信 参考になった (1)

2018/01/26 14:47 HAYAMA への返信 HAYAMA への返信

セーフモード(< shift >キーで起動)でもダメです。レイボーが回っています。10分経っても変化なしです。

ウイルスバスターではないのでしょうか?

2018/01/26 14:47

返信 参考になった

2018/01/26 15:49 17826 への返信 17826 への返信

セーフモード(< shift >キーで起動)でもダメです。レイボーが回っています。10分経っても変化なしです。


セーフブートが完了できないと言うことでしょうか?日頃のソフトウェアメンテナンスがされていないと、それなりに時間がかかるものですが ... 。


ウイルスバスターではないのでしょうか?


セーフブートもできないのですから、OS 以外の何が原因か確認しようが無いですね。

私なら、もう1台 HDD を追加(内蔵でも外付けでも良い)してそこにユーザー設定だけをバックアップから戻した OS X El Capitan 環境を構築して見ます。それで問題なければ、OS 関連のアップデートを一つずつインストールして状況観察します。それで問題なければ、アプリケーションを一つずつ手動インストールして状況観察します。

知人の MacBook Pro 13 Mid 2009( OS X El Capitan 10.11.6 / ウイルスバスター for Mac / セキュリティアップデート 2018-001 適応済み)を見る限り何ら問題が発生していませんので、OS X El Capitan で駄目と言うことは無いと思います。

2018/01/26 15:49

返信 参考になった

2018/01/26 16:17 HAYAMA への返信 HAYAMA への返信

ありがとうございます。

ウイルスバスター のサーバー版なので、対応が遅くなることがあると聞いています。

ちょっと前に、このウイルスバスターサーバー版とwindowsのupdateとぶつかっていました。

何百人も起動できなくなって、パニックでした。


>セーフブートが完了できないと言うことでしょうか? そうです。セーフブートでゲストで入ると立ち上がります。

日頃のソフトウェアメンテナンスをしていないので、問題が大きのだろうと思います。申し訳ありません。


Appleサポートの方と話していて、「古いので、Appleは、対応しないかも。最新のものは、そんなこと起こっていない」と言われ、仕事ができないのが最も困るので、仕方なく、Windowsを買うことに決めました。

推奨のupdateを行ったのに、3日間仕事ができていません。

2018/01/26 16:17

返信 参考になった

2018/01/27 19:17 17826 への返信 17826 への返信

元々、Intel が CPU 脆弱性問題に対処したマイクロコードに再起動を繰り返す不具合がありました。よって、1月9日にベータバージョンとして Developer 向けに配布された OS X El Capitan セキュリティアップデート 2018-001 では、再起動が繰り返される問題が発生していました。その後、Intel は修正済みマイクロコードを配布しており、1月24日に正式配布されたセキュリティアップデート 2018-001 には、その修正済みマイクロコードが使われていると考えるのですが ... 少なくとも、知人のマシン( Penryn Core 2 Duo / OS X El Capitan )と私のマシン( Ivy Bridge Core i / macOS High Sierra )では、セキュリティアップデートをインストールした後、再起動の繰り返しを含め不具合の発生を確認していません。Intel は修正版マイクロコードの配布発表と同時に不具合の原因を把握しているとコメントしていますので、Xeon に対しても適切な修正版マイクロコードを配布していると考えます。

今回の CPU 脆弱性問題は、これまでに販売された CPU の大半に関係し、更に CPU のマイクロコードに始まり、ファームウェア( EFI 、UEFI 、BIOS )、OS 、ドライバー、アプリケーションに至る全てのソフトウェアに影響が及びます。よって一旦不具合が発生すると、それがどのソフトウェアによって引き起こされているかを突き止めるのは至難の技となるのです。17826 さんのマシンで起きている再起動の繰り返しが何によるものかを確認するには、巣のままの OS X El Capitan 環境を作ってみないとわかりません。CPU のマイクロコードとファームウェアは既に書き換わっているわけですから、これで再起動を繰り返すようであればマイクロコード又はファームウェアに問題があると言う結論になります。これでは、ユーザーに何もできません。できることは、Apple Store のジーニアスバー(要予約)持ち込んで、ハードウェアレベルの検査を受けてみるしかないかと思います。

2018/01/27 19:17

返信 参考になった

2018/01/27 19:46 HAYAMA への返信 HAYAMA への返信

情報ありがとうございます。

ただし、海外でも起こっている現象ですし、すでに話題に上っているセキュリティソフト以外に何かぶつかっているように思っています。

明らかに、2018-001update後に、再起動を繰り返しています。

上書き再インストールしたら、再起動を繰り返すのではなく、立ち上がらないだけになりました。

レインボーカーネルがovernight で回り続けました。

ゲストは立ち上がります。

なのでハードではないと思います。

また HDD1では立ち上がります。

いかがでしょうか

2018/01/27 19:46

返信 参考になった

2018/01/27 20:35 17826 への返信 17826 への返信

上書き再インストールしたら、再起動を繰り返すのではなく、立ち上がらないだけになりました。レインボーカーネルがovernight で回り続けました。ゲストは立ち上がります。なのでハードではないと思います。また HDD1(元の OS )では立ち上がります。


となりますと、CPU のマイクロコードとファームウェア( EFI )には問題ないと言うことになります。

今回の CPU 脆弱性問題は、これまでに販売された CPU の大半に関係し、更に CPU のマイクロコードに始まり、ファームウェア( EFI 、UEFI 、BIOS )、OS 、ドライバー、アプリケーションに至る全てのソフトウェアに影響が及びます。」なので、OS X El Capitan 、ドライバ( Apple 純正以外を使用の場合)、アプリケーションのどれかが原因となります。ゲストでは立ち上がるわけですから、やはり「巣のままの OS X El Capitan (クリーンインストール)環境を作ってみないと」わからないのではないかと思います。これで問題なければ、ドライバかアプリケーションが原因となります。

2018/01/27 20:35

返信 参考になった

2018/01/27 20:52 17826 への返信 17826 への返信

17826 による書き込み:


ゲストは立ち上がります。

ゲストではログインできるということですか。


ユーザを管理しているファイル(またはこれを記憶する箇所)が壊れたんでは。HDDを初期化してOSXを新規インストールすれば、直るかもね。

HDDの入れ替えも考えたほうが良いかも。

2018/01/27 20:52

返信 参考になった

2018/01/27 20:57 HAYAMA への返信 HAYAMA への返信

ありがとうございます。

HD1のOSには2018-001をあてていません。

2年間前のOSのままです。

基本的にすべてのソフトのupdateをしていないものになりまづ

2018/01/27 20:57

返信 参考になった

2018/01/27 21:08 17826 への返信 17826 への返信

HD1のOSには2018-001をあてていません。2年間前のOSのままです。


HD1 は OS X El Capitan と言うことですか?


基本的にすべてのソフトのupdateをしていないものになりまづ


HD1 がほとんど使用していない環境だとすれば、HD2 のトラブルはソフトウェアメンテナンス(参考サイト:トラブルシューティング for Mac (ソフトウェア編))不足(=管理怠慢)によるものと言うことになりますが ... 。

2018/01/27 21:08

返信 参考になった

2018/01/27 21:08 xy への返信 xy への返信

ご指摘ありがとうございます。

昨日、HDD発注しました。やはり、新たに作り直しですね。

HDD1(2年前のOS:2018-001当てていない)からHDD2(立ち上がらない:2018-001を当てたもの)に読んだり書いたりできます。

なのでHDD2の局所的な物理的破損だとも考え難いかなと思っていましたが、可能性があるかもですね

2018/01/27 21:08

返信 参考になった

2018/01/27 21:14 HAYAMA への返信 HAYAMA への返信

HD2のみを使っています。

日頃からご指摘いただいたことはやっていますね。

今回HD2のupdateで壊れたので、update しないズボラであればこんなことにならなかったことになります。

推奨updateしたのがまxひがいです

2018/01/27 21:14

返信 参考になった

2018/01/27 21:22 HAYAMA への返信 HAYAMA への返信

ちなみに、hd1から、hd2にお引越ししたので、現在、HD 2が起動ディスクだったんです。

なのでhd1は、2年前のバックアップとして保存していました。

今はhd1のupdateを絶対しないようにしています。

こんなことが出来るのはMacは凄いと思います。

2018/01/27 21:22

返信 参考になった
ユーザのユーザプロフィール: 17826

質問: セキュリティアップデート2018-001を行なった後、再起動を繰り返す不具合(2)